自由研究にも!簡単!子どもと始める草花のお世話と観察

こんにちは。理系のたまご育て「りけたま!理系子育て」案内人のなごみです。

今回は、小学校低学年~高学年向けの、夏休みの自由研究ネタにもなる、

「自由研究にも!簡単!子どもと始める草花のお世話と観察」と題して、ガーデニング初心者でもできる、ご家庭で簡単に、草花を育てる方法について、理系子育てに生かすポイントをまじえつつ、お伝えします。

 

<手順>

 

1. 植える植物の種類と場所の選定

2. 苗と園芸用具の購入、自宅で植え替え

3. 観察日記をつける

 

では、さっそくはじめましょう!

 

<1> 植える植物の種類と場所の選定

 

 

まず、どんな植物を植えるのか、そこから子どもに決めさせてあげましょう。

大切なことは、以下の2つです。

 

  • 場所の選定(日当たり、水はけ、風通し、花台の必要性)
  • 植える目的(きれいな花を楽しみたい、収穫を楽しみたい、など)をはっきりさせる

 

お散歩しながら見つけた花、子どもの好きな野菜やハーブ、図鑑で見つけた草花、などなど、

何でもいいので、子どもが愛着を持てるものを選びましょう。

 

超初心者でも育てやすい植物:

朝顔、ひまわり、すみれ、バジル、しそ、ローズマリー、ラベンダー、ミニトマト、ベビーレタス

(最初は、管理が簡単な鉢植えがオススメ!)

 

<2> 苗と園芸用具の購入、自宅で植え替え

 

 

園芸店で、なるべく元気の良い苗を選びましょう。

種類によりますが、2月~6月までが、植えつけに適した時期です。それ以外の季節でしたら、園芸店で育っている大きめの苗を買いましょう。

土、ネット入り鉢底石、肥料、鉢、スコップなどの、必需品も揃えます。

 

<注意点>

・とげや毒がないかどうか

とげのあるバラ、柊、毒のある水仙、スズラン、シクラメンなどは、
見た目は美しいですが、子どもへの危険性が高いため、さけましょう。

 

・環境と植物が合っているか

土壌が酸性に傾いているか、水はけはいいか、
日当たりは午前/午後どっちがいいのか、西日が強すぎないか、など、

注意して考えておくべき点は、意外とたくさんあります。

 

都市部ではとくに、植物が生育するのに過酷な環境であることが多く、軒下やひさしで、ほどよい日陰を作ってあげつつ、水はけや土壌については、土の入れ替えや肥料・腐葉土を追加するなど、必要に応じて、改良を加えましょう。

 

植え替え作業は、ぜひ、子どもにやらせてあげましょう。

 

水や栄養を吸収する「根っこ」を大事にすることを教えてあげると、植物も自分と同じように生きていることが、直感的にわかるのか、やさしく扱うようになります。

 

水やりや、雨除けのための鉢の移動、追肥、害虫駆除などの毎日のお世話は、ぜひ親子で!・・・と言いたいところですが、

やっぱりある程度は、親が主導権を持ってやる方が、植物が枯れずにすみます。

枯れると何が大変かって言うと、廃棄の手間ですかね~。。。

 

 

<3> 観察日記をつける

 

 

使っていないノートやスケッチブックなどに、時々でいいので、

背丈が伸びた、つぼみがふくらんだ、花が咲いたなどの、新しいことが起こったタイミングで、絵日記をかきます。

多少、大げさにほめて(笑)、はなまるを付けてあげれば、子どもは、次もやりたい!ほめられたい!と、なること請け合いです。( ´艸`)

 

少なくとも、2回は描くと、ちがいがわかって、面白さを味わえます。

生活科の宿題で、朝顔や野菜の苗の観察日記が出されますが、ちがう種類であれば、夏休みの自由研究として、学校に提出できますよ♪

 

実際にやってみた

 

わが家では、朝顔とバジル、しそを、最初に育てました。

 

  • 朝顔

朝顔は、花が終わったら摘み取り、花がらで色水をつくります。

つるの伸び方の特徴(上に行こうとする。下には伸びない)や、葉にうっすら生えているうぶ毛、種の色の変化など、面白がれる要素が満載です。

 

  • バジル

バジルは、子ども達のだいすきなマルゲリータピッザに載せて、いただいています。

バジルの花が咲いてしまったときは(本来なら摘心して、咲かせないようにする)、
花を分解して、めしべ、おしべ、花粉、花びら、ガク、に分けたり、
花と葉の香りのちがいについて、話し合いました。

 

  • しそ

しそは、とても丈夫で、芋虫やアブラムシなどの害虫も付きにくいので、
全部枯れてしまった時のための保険。
あと、親の好きなお刺身の薬味としても重宝♪

 

今は、ローズマリーと食用菊も加えて、5種類の植物を、

ベランダや軒下で、ほそぼそと育てています。

たまに枯らしたり、虫に食われたりしていますが、収穫がたのしくて、続いています。

植物をかこんだ親子の会話も、いつもとちがって、新鮮ですよ!

 

夏休みの自由研究のご参考になりましたでしょうか。

 

育脳に効果があるとされる「アルファ波」を感じながら、自然が成長する力を感じる幸せな時間をお過ごしくださいね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー好きな能天気マザー。ふたりの子ども・りけねこ(10さい・おんな)りけまる(6さい・おとこ)を、理系で英語ペラペーラで活発でコミュニケーション上手に育てたい、じぶんは文系オトナ女子。趣味はヨガとアウトドアと日本の伝統文化。