アメリカの幼稚園で習う5つの魔法の言葉とは?

アメリカの子ども達が幼稚園で習う5つの魔法の言葉、“5 Magical Words”ご存知でしょうか?

 

友達をつくったり、遊びに入れてもらったり、おもちゃを貸してと頼んだり、ケンカして、先生が仲裁して仲直りしたり、

子供とは言え、彼/彼女たちの世界では、日々、真剣勝負!

押したり引いたり、子供同士で、様々なやりとりをしています。

 

そんな人間関係を円滑にするうえで、欠かすことのできない、

ネイティブキッズが幼稚園時代に身につけるべき、5つの魔法の言葉を、

幼稚園で繰り広げられていそうな、幼稚園児あるある会話(しいくいんの想像)の中で、ご紹介しまーす。

 

(*アメリカの幼稚園では、日本とちがって、クレヨンや紙などの学用品はすべて園で用意し、日本のように個人個人が持って行かないので、貸し借り(sharing)の機会が、毎日あります。)

5 Magical Words

 

May I ~? (~してもいい?)

 

A: May I use the yellow pen? (黄色いペン使ってもいい?)

 

Thank you. (ありがとう。)

 

B: Here you are. (はい、どうぞ。)

A: Thank you. (ありがとう。)

 

こちらは、すぐに交渉成立。

Bがお絵描きに使っていた黄色いペンを、スムーズに貸してもらえました。

 

では、逆に、「ダメ」って言われたときは、どうやって会話を続けるのでしょうか??

↓ ↓ ↓

 

Please. (お願いします。)

 

B: Nope. I’m still using it. (だめだよーん。まだ使ってるの。)

A: Alrighty.  But I need the yellow one for my chick. PLEA—SE! (わかったよー。でも、ひよこちゃん(を塗るの)に、黄色が必要なの。お願い~!)

 

( ´艸`) うぷぷ!

Aちゃんが押しの強い子なら、このくらい食い下がれるでしょう。

 

でも、もし、Aちゃんが、(-_-メ) ムカっときて、ペンを横取りしてしまったら、ケンカですよね。

そこで、先生(T)登場!

 

T: Is everything OK here, kids? (どう~?順調かしら?こどもたちー)

B: A took my yellow pen! (Aが私の黄色いペン取ったー!)

A: I asked B nicely, but he/she didn’t listen to me! (Bに(貸してくれるか)聞いたのに、私の話を聞いてくれなかった!)

 

T:・・・(^-^; (心の中では、子供のnegotiation力に拍手!)

 

T: Oh, I see. Both of you want the same pen. Is that right? (うん、わかりました。ふたりとも同じペンを使いたい。そうゆうことよね?)

T:  A, you nicely asked B to borrow the yellow pen, and I am so glad you are polite to ask your friend for something. But, it’s not good to take things from others. Right? (Aちゃんは、Bちゃんに貸してもらえるかどうか、聞いたのよね。おともだちにちゃんと聞けたのは、おりこうでえらかったね。でも、人のものを取っちゃうのは、良くないことよね。そうよね?)

A: (黙ってうなずく。)

T: B, I know you were using the pen first. And you didn’t like your friend took it from you. I know.But did you say yes? or no? to your friend when he/she asked?(Bちゃんが最初にペンを使っていたのよね、先生はわかってるよ。おともだちにものを取られちゃうのは、いやだったよね。うんうん。でも、聞かれたときに、いいよって言ったの?ダメって言ったの?)

B: I said “no.” (ダメって言った。)

T: I see. B, you have to share things with your friend. OK? (そっか。Bちゃん、おともだちに貸してあげましょうね。いい?)

B: OK… (いいよ。)

T: If you say ” you may use it when I’m done,” that would be great. (もし「私が使い終わったら、使っていいよ」って言えたら、すごいわよね。)

B: (顔をあげて、先生の目を見て、うなずく。)

T: Then, shall we say “sorry” together? Can you do that? (じゃあ、一緒に「ごめんね」って言おうか。できるかな?)

 

Sorry. (ごめんね。)

 

A,B: Sorry. (ごめんね。)

T: Oh, such good boys/girls/kids!! That’s the way you are~, xx!(まあ、なんていい子なんでしょう!その調子よ~、ン~まっ)

 

Could you ~? (~してくださる?)

 

T: Could you show me your picture? (あなたの描いた絵、見せてださる?)

 

A: Of course! (もちろん!)

B: I draw my doggy, Max. (ぼくはうちのワンちゃんのマックスを描いてるの。)

 

まとめ

 

5 magical words は、この5つ。小さく声に出して言ってみてください。

  • May I ~?
  • Thank you.
  • Please.
  • Sorry.
  • Could you~?

 

この5つのフレーズ、いつでも、誰にでも、スムーズに言えるようになれたら、いいですね。

 

英語を外国語として学ぶ際に、

ネイティブキッズが母国語としての英語を身につける方法を、学習に取り入れると、

上達が早まるそうです。

子供の使うフレーズは、基礎の基礎。童謡や手遊び歌もオススメです!

ぜひ、おうち英語のいつもの会話に、5 magic wordsを、プラスしてみてくださいね♪



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー好きな能天気マザー。ふたりの子ども・りけねこ(10さい・おんな)りけまる(6さい・おとこ)を、理系で英語ペラペーラで活発でコミュニケーション上手に育てたい、じぶんは文系オトナ女子。趣味はヨガとアウトドアと日本の伝統文化。