まだ間に合う!夏休みの自由研究をコンクールに出品しちゃおう

旺文社主催の自由研究のコンクールは、締め切りを過ぎてしまいましたが、

今からでもまだ間に合うコンクールが、あります!!

 

毎日新聞社が主催、オリンパスが協賛する「自然科学コンクール」、略して「シゼコン」

 

シゼコン概要

 

対象:全国の小・中学生。学校内のグループ単位での応募も可。

 

内容:理科の自由研究。観察、実験などの記録と考察をまとめたもの。オリジナル作品に限る。

 

*他の全国規模のコンクールとの重複応募は不可。ただし、地域限定のコンクール(学校や市区町村、都道府県など)に出品したものはOK。

 

締め切り:2017年10月31日


 

なんと!

太っ腹なことに、応募した作品は、事務局負担で返却してくれます。(国内のみ)

そして、受賞できなかったひと全員に、参加賞(賞状と文房具)が、プレゼントされます。

昨年は、約1万2千件の応募があったようです。

 

過去の入賞作品がHPで見られるのですが、

小中学生がこんな本格的な研究をしたなんて凄い!と感心するものから、

思わずクスっと笑顔になれる何気ない疑問の解決にいたるまで、

テーマはかなり自由です。

 

受賞者発表は、12月下旬に、シゼコンHPと、毎日新聞と毎日小学生新聞の紙面にて掲載されます。

授賞式は、お台場の日本未来科学館のホールで、1月に開催されます。

 

 

シゼコンのこころ

 

このコンクールに情熱を注いでおられる、数学者の秋山仁先生による、

子供たちの「科学する心」を育てましょう。(全文はこちら)

というメッセージは、

子育てに携わるすべての人を勇気づけ、道を照らしてくれる言葉だと思いました。

 

子育てとは、食事や環境を与え、自己肯定感を育むことだけではなくて、

もともと人間に備わっている、ありふれた日常を「科学する心」を育てるという使命が、

あった方が、俄然、楽しい。

 

自分事で、しかも単なる反省文で、まことに恐縮ですが、

子供がまだ小さな頃は、「なぜ?」「どうして?」攻撃が、子供らしくて、かわいくて、

親子の会話の中で、最大限に尊重してあげられる余裕があったのに、

忙しい毎日の中で、通園、通学、習い事、さらに自分の仕事を「こなす」生活が始まると、

脇に追いやられてしまうのが、道路にしゃがみこんでいつまでもアリを見ている時間。

 

アリに限らず、雲の形や流れや、木の葉の落ちる曲線や、転がっている石の収集。。。

 

自然豊かなキャンプ場に行けなくても、ありふれた日常の中にある自然をじっと見る時間。

そういう時間こそが、科学する心を育てるんだよなと、

秋山先生のメッセージを読んで、あらためて、心に刻みました!

 

シゼコンありがとう!

 

来年、応募します!!(笑)

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー好きな能天気マザー。ふたりの子ども・りけねこ(10さい・おんな)りけまる(6さい・おとこ)を、理系で英語ペラペーラで活発でコミュニケーション上手に育てたい、じぶんは文系オトナ女子。趣味はヨガとアウトドアと日本の伝統文化。