ena夏期講習の費用は高い?小学生の部 2018 料金を一挙公開

こんにちは、理系子育て案内人のなごみです。5月だというのに暑い日がつづき、まるで夏のようですね。

 

そろそろ、夏休みの計画を立て始めておられる頃でしょうか?

専業主婦のママや、子どもの長期休みはお仕事もお休みできるワ―ママにとって、夏休みは、楽しみでもあり、試練でもあり。笑

フルタイムでお仕事されていて、高学年のお子さんの預け先が無いママにとっては、子どもが安心・安全に過ごせる場所の確保が、課題になりますよね。

日本の小学校の夏休みは長いですね~、約40日!

 

さて、なごみ家は、例年、夏休みには、キャンプ、お祭り、山登り、海あそび。

それらのイベントの合間に、宿題、習い事、学校のプール、友だちと遊んだり、科学館に行ったりと、けっこう忙しいです。

今年も子ども達と遊ぶぞ~!とワクワクしていた、矢先のこと。

なんと!子どもが通う学習塾enaで、先日の保護者会で、夏期講習の申込書を渡されました。

 

おぉっ!そうだった、わすれていました!!夏期講習の存在を。(;゚Д゚)

「夏は受験の天王山」と、言う人もいるくらいですからね~。

 

果たして、今年は、例年のように、夏休みを遊び倒せるのか?

それとも、塾で(娘だけは)勉強に燃える日々をおくるのか?

果たして、夏期講習には、いくらお金がかかるのか?授業はいつあるのか?旅行に行けるチャンスはあるのか?

 

ということで、都立中高受験の学習塾enaの、2018年の夏期講習(小学生の部)の気になる料金と授業時間数・日数について、一挙公開します。

 

5月31日までは本科生だけが申し込める期間で、

6月1日から、一般生も、申し込みが可能になります。

 




夏期講習(小学生の部)

料金(本科生、税込)

小3 算・国            18,360円

小4 算・国・理・社        49,680円

小5 理系・文系・作文・理系演習  113,832円

小6 理系・文系・作文       143,640円

 

授業時間数と日数

小3  1時間45分 × 10日間

小4  2時間45分 × 15日間

小5  4時間30分 × 20日間

小6  7時間40分 × 25日間 (お昼休憩あり)

 

小6生は、お昼をはさむため、お弁当を持たせることになります。

具体的な実施期間と時間帯は、校舎ごとに変わってくるので、最寄りのenaにお問合せください。

 

このように、料金と時間数、日数などを詳しく見てみると、

enaの夏期講習は、大手進学塾の私立向けの講座と比べると、リーズナブルな印象です。

小5生の毎月の月謝は今年度から大幅に値上げされましたが、夏期講習に関しては、小5・小6ともに、そんなに高くないですよね。

よかった~。

 

合宿とセミナー

小4、小5には、清里での体験プログラムとお勉強のサマーキャンプ(合宿)が開催されます。4泊5日で、費用は105,840円。

小6生は、まるまるお勉強の合宿、4泊5日で、同じく105,840円。

 

小5、小6には、集中セミナーもあります。こちらは宿泊を伴わない分、安くなり、73,440円(5日間)。

 

夏期講習とは別日程で開催されるため、合宿、セミナーふくめ、すべてに参加すると、夏休みがほぼ埋まってしまうほどですね。

それがむしろ好都合~、というご家庭もあれば、

いやいや、これでは旅行にも行けないじゃん!というご家庭も、あろうかと思います。

 

それぞれのご家庭に合った塾の活用方法で、今年の夏休みを、有意義に過ごせるといいですね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

コーヒー好きな能天気マザー。ふたりの子ども・りけねこ(10さい・おんな)りけまる(6さい・おとこ)を、理系で英語ペラペーラで活発でコミュニケーション上手に育てたい、じぶんは文系オトナ女子。趣味はヨガとアウトドアと日本の伝統文化。